夜おそと過ごすおうち時間/映画ソムリエ 東 紗友美

“夜遅いごはんでも“この一言にハッとしました

よく行くドラッグストアの店頭でパッと見で惹かれました。「夜遅いごはんでも」というフレーズ。この一言にハッとしたんですよね。もともと広告代理店に勤めていたからか、「あした、なに着て生きていく?」(earth music&ecology)や「おちこんだりもしたけれど、あたしは元気です。」(映画『魔女の宅急便』コピー 糸井重里さん)のようにキャッチコピーが“自分ごと化”されているものに惹かれがちです。

「夜ご飯が遅くなっちゃった!こんな日もある!でも体型は気になる!!」という気持ちに共感してくれているみたいで手に取りました。普段は気になる商品と出会ったら、インターネットで検索してから決めることも多いのですが、それをしなかったのをよく覚えています。何気ない買い物ですがちょっとだけ運命的ですよね!それが、最初の『夜おそ』シリーズとの出会いでした。

時間割通りにはいかない日常をサポートしてくれる


『W菌活』は、粒が小さいので飲みやすいです。子育てがはじまってから昔よりもたくさん食べるようになったのですが、『夜おそ』を飲み続けているからかそこまで体型の変化を感じません。産後に履けなかったデニムもきちんと履けるようになりました。時間割通りにはなかなかいかない日常をサポートしてくれるような印象ですね。毎日とっても調子がいいです!

あとは、大好物の油物の食事やラーメン、焼肉を食べるときの心の拠り所が増えて、安心感をもらえるので精神衛生的にも救われてます(笑)。


他に好きなシリーズとして『夜遅いごはんでも 眠っている間に』は名作です!サイトを見た時に「睡眠時間をエクササイズに」というコピーが魅力的で惹かれましたね。1日の時間をパズルみたいに上手に組み込みんでいくのが好きな性格なので、寝ている時間も有効活用できている感覚がたまりません(笑)。“活きている酵素”だからなのか目覚めもわりとすっきりします。

あと『夜遅いごはんでも キレイホワイト』はこれからの季節に良いですよね。ツバメの巣が入っているなんて、高級食材で自分もゴージャスになった気分です!夏にかけては肌をみせる機会も多いですし、サプリも化粧品もなんでも。プラスαで美白効果があるものを選ぶと自分を愛でているようで結果的に自己肯定感もアップします。

東 紗友美さんの『夜遅いごはんでも』の使い方

『夜おそ』は、食前食後といった時間による縛りがない商品なので自分の中でとても自由度が高いのが嬉しいです。時間指定系(食べる前に、食後に等)のサプリはこれまで飲んできましたが、したいことがやらなければいけないことになった瞬間からどうしてか続かなくなるタイプなんです(笑)。なので、気づいたときに飲むことが許されるこの商品はすごく頼りにしています。


あまり決め込みすぎずに一息ついたときなど「よし飲むか」と、手に取ることができます。と言っても大体は、夜ご飯の後や夜眠る前が多いかもしれません。娘の寝かしつけを終えて私自身が1番ほっとしている時間帯でもあるので。“時間に縛られていないサプリ”ってあらためて本当に飲みやすいです。

東 紗友美さんおすすめの活用術!


私自身、もう習慣化しているのであまり飲み忘れはないほうなのですが、慣れるまではカバン用と、家用に同じ物を揃えておくのがおすすめですね。後は、寝る前に飲みものを飲む方も多いと思うので、冷蔵庫にマグネットのついた収納ケースに入れて収納しておくのもいいかもしれません♪

text & photo by 東 紗友美
edit by 食べてキレイに 編集部

★東 紗友美さん関連リンク
公式サイト:http://higashisayumi.net/
Instagram:@higashisayumi

→ #おうち時間 をもっと見る

今回登場した夜遅いごはんでも

夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク


詳しくはこちら
 

Published on

Last modified on