正しく働く乳酸菌を体感!菌活サプリ「夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク」とは?

“活きている酵素“でおなじみの新谷酵素「夜遅いごはんでも」シリーズの新商品として発売された「夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク」。今回は、乳酸菌に着目して作られた「W菌活ボディメイク」の特徴とこだわりポイント、そして商品に込めた想いについて、開発者の小長井さんにお話をお聞きしました。

Interview:夜遅いごはんでも 開発チーム(小長井 瑞生)

“酵素で環境を整え、乳酸菌で善玉菌を増やすことが大切”

――「夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク」はどのようなサプリメントなのでしょうか?

活きている酵素と2種類の乳酸菌を掛け合わせ、腸内の善玉菌を増やすことでボディメイクやインナービューティをサポートするサプリメントです。善玉菌の生み出す「短鎖脂肪酸」がボディメイクのスイッチとなり、カラダサイクルを活性化させます。

――「短鎖脂肪酸」には、どのような役割があるんですか?

短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)は、体のリズムを整えるなどボディメイクに重要な役割を多数担っていて、善玉菌にしか生み出せないのが特徴です。そのため、腸内を善玉菌優勢の状態にしておくことが、短鎖脂肪酸を増やすための重要なポイントになります。

――乳酸菌と酵素を掛け合わせることにはどんな意味があるのでしょうか?

酵素には、食べ物に含まれる糖やたんぱく質を分解する働きがあるため、悪玉菌のエサとなる未消化物(食べ物の残りカス)が減り、結果、悪玉菌の増加を抑えることができます。そして、乳酸菌は善玉菌を育てて増やす性質があるので、この2つの性質を掛け合わせることで、効率的に善玉菌を増やす環境を整えられるのでないかと考えました。

乳酸菌のみを摂取しても腸内環境が整わない限り、善玉菌を増やして腸内の働きを活発化させることは難しいんです。善玉菌を優勢にするためには悪玉菌を抑え“善玉菌が棲みやすい環境”を作ることがポイントなんですね。

――乳酸菌は、働きが異なるものが2種類入っているんですよね。

はい、少し難しい名前ですが「有胞子性乳酸菌(ゆうほうしせいにゅうさんきん)」と「ナノ型乳酸菌 フェカリス菌」という2つの乳酸菌が入っています。「有胞子性乳酸菌」は殻に入った乳酸菌で、腸内で発芽して善玉菌としてすぐに働きます。ナノ型乳酸菌 フェカリス菌」は腸内で善玉菌のエサになり、善玉菌を育てて増やすモトになってくれます。乳酸菌は種類がいっぱいありますが、中でも速攻かつ持続的に働いてくれるものを選びました。

“もっと多くの方に、酵素が健康と美にとって必要なものであることを知っていただきたい”

――自然に善玉菌が活躍してくれて、カラダのめぐりもアップするなんて夢のようですね!どのような背景があって、開発に至ったのでしょうか。

“もっと多くの方に、酵素が健康と美にとって必要なものであることを知っていただきたい”という想いが出発点です。具体的には、社内プロジェクトでアイデアを出し合い、チーム全体で話し合った結果「W菌活ボディメイク」の構想に着地しました。

――開発で苦労したことがあれば、教えてください。

体感レベルをいかに上げられるか、という点ですね。皆さんに健康的なすっきりを感じていただけるベストな処方で、かつ続けやすい価格帯にするためのバランスには時間を要しました。それと、パッケージデザインも相当こだわりました。決定するまでに、100パターンくらい候補出しをしたんですよ!(笑)

――確かに、とてもおしゃれなパッケージです!

実は、今までの「夜おそ」のパッケージに対しては“持ち歩くのが恥ずかしい”というご意見もいただいており……(笑)。今回は、既存の「夜おそ」シリーズのキャッチーさを残しつつも、SNS映えするようなスタイリッシュなデザインを目指しました。

――女性目線のリクエストに応えていただいたんですね!

はい!ピンクは“食べてキレイになる”というポジティブさを表現しました。健康的な腸の色にもリンクしています。シルバーは、サイエンスのクリーンな雰囲気をイメージしました。

――パッケージのサイズもちょうどいい感じです。

持ち歩きやすく、かつ洗練されたサイズ感になるよう調整しました。バッグの邪魔にもならず、さっと取り出せるのではないかと思います。常に持ち歩いて、気軽に飲み続けて欲しいですね。

――どんなときに飲むのがおすすめですか?

寝る前やお食事の前など、いつ飲んでいただいても大丈夫です。すっきりを体感しやすいタイミングは人によって違うので、実験する感覚でいろいろと試してもらえたら楽しいかなと思います。ぜひ、自分なりの飲み方を探ってみてください。

――では最後に、食事のシーンを応援し続ける「夜遅いごはんでも」ブランドとして、ユーザーのための工夫や想いがあれば、教えてください。

私自身、食べることが大好きで、食べることに対して罪悪感を感じながら食べるのはつまらないと思っていました。キレイを目指しているはずなのに、無理な食事管理や運動でイライラしてしまっては美容の面でも本末転倒ですよね。そんな中で、縁あってこの会社に入り、食べることをこんなに応援してくれる商品があるんだ!と感動したんです。ですので、美と健康を目指す多くの人に、同じように酵素の良さを知っていただきたいと思っています。

忙しい現代人は、ただでさえストレスを感じやすいので、お食事のときくらい気を抜いて、楽しく食べて欲しい。食事を楽しみたい時も「夜おそ」があるから大丈夫!”って笑っていられるような女性が増えてくれたら嬉しいなと思います。

interview&text by shiho tokizawa
photo by Chika Takami

今回登場した夜遅いごはんでも

夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク

詳しくはこちら

Published on

Last modified on