クリス-ウェブ佳子のキレイごはん。創作イタリアンから中目黒の穴場スポットまで!

「食」は人間が生きていく上で必要なエネルギー源であり、美容と健康の基本。そして毎日食べるものだからこそ、そこには人それぞれのこだわりが見られます。ここでは、女性が憧れる様々な業界の方にお気に入りのフードスポットお伺い。いつまでも美しく健康的な“あの人” がおすすめする「キレイごはん」をお教えいただきます。

今回は、モデル/コラムニスト/ラジオパーソナリティなど、幅広い分野で多岐にわたり活躍するクリス-ウェブ 佳子さんの登場です。VERYの専属モデルをはじめ、ファッションやインテリア、育児や旅行など、様々な分野でマルチに活躍するクリス-ウェブ佳子さんのお気に入りのフードスポットとは?創作イタリアンから中目黒の穴場スポットまで、佳子さんが実際に通うおすすめのお店をご紹介いただきました。

1. sel sal sale(セルサルサーレ)

「シェフは高校の同級生、毎月必ず一度は訪れる創作レストラン」

世田谷公園の並びに小さな店を構えたところ、あっという間に地元民のお気に入りレストランに認定。意を決して恵比寿に移転したと思ったら、今度は予約困難になってしまった、創作イタリアンのお店『セルサルサーレ(sel sal sale)』。フランス語の「SEL」スペイン語の「SAL」イタリア語の「SALE」で意味は全て“塩”。塩とオリーブオイルとチーズ、そしていつも何かしらの食材と調理法に一極集中、少年のように夢中になっているシェフは高校の同級生。そんな事実とは無関係に、もちろん贔屓目なしで、毎月必ず一度は訪れる店。ただし予約が取れればの話だが。季節の食材はもちろん、シェフがその時々で夢中になっている食材と調理法を堪能できる一択“sel sal sale のおまかせコース”は、日々の生活で多くの決断を迫られる人には特にオススメ。


sel sal sale のおまかせコース ¥6,500(税込)

Information
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-16-7 ハギワラビル 1F
TEL 03-6416-5230
営業時間 17:30〜23:00(※都合により18:30オープンの日あり)
定休日 毎週月曜日(不定休あり)
URL http://selsalsale.com/about.html

2. GOLDEN BROWN(ゴールデンブラウン)

「一番のお気に入りは定番の“ゴールデンブラウンバーガー”」

ニューヨークの街角にあるような佇まいのハンバーガー屋『ゴールデンブラウン(GOLDEN BROWN)』。ほんのり甘みのある力強いバンズにジューシーなパテ。一番のお気に入りはコクが出るまでソテーした玉ねぎに薄くスライスしたフレッシュブラウンマッシュルーム、そして特徴的なスモークチーズのトッピングで完成する一癖も二癖もある“ゴールデンブラウンバーガー”。海外誌が選ぶ「世界のレストランBEST50」でハンバーガー専門店として、唯一日本から選ばれた名店に、最も惹かれているのは我が家の次女かもしれない。度々ツケでゴールデンブラウンに立ち寄る次女は、近い将来ここでアルバイトをすると決め込んでいる。

マッシュルーム・スモークチーズ(GOLDEN BROWN’S hamburger)¥1,650(税抜)

Information
ゴールデンブラウン 表参道
住所 東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 3F
TEL 03-6438-9297
営業時間 [月~土]11:00~23:00/[日]11:00~22:00
定休日 不定休あり(表参道ヒルズに準ずる)
URL https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13100291/

ゴールデンブラウン
住所 東京都目黒区東山2-3-1 青木ビル 1F
TEL 03-6661-8560
営業時間 11:30〜22:00
定休日 無休
URL https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131705/13049222/

3. 池尻大橋 ひとしずく

「長女が成人したら、一緒に晩酌をしに真っ先に連れて行きたいお店」

池尻大橋駅から徒歩7分、大通りから1本奥まった場所にある知る人ぞ知る創作和食のお店『池尻大橋 ひとしずく』。端正な顔立ちの店主が一人で切り盛りするその店内は、店主に負けず劣らず清らかな内装。食べたいものばかりが並ぶメニューで、シンプルながらも創意工夫の効いた季節料理に思わず欲が出る。一人でふらっとやってきては、丁寧で完璧な夕飯をゆっくりと味わい、店主との談笑を少しばかり楽しんで帰る客も多い。今のところは友人との会食や接待に使うことが多いが、長女が成人した暁には、一緒に晩酌をするために真っ先に連れて行きたいと思っている。

海老とルッコラの土鍋ご飯 パルミジャーノを掛けて 1,800円(2人前/税抜)

焼白子の茶碗蒸し 600円(税抜)

Information
住所 東京都目黒区大橋1-1-8 エバーヒルズ池尻大橋 1F
TEL 03-6455-1652
営業時間 17:00〜24:00
定休日 月曜日(祝日の場合には、翌日火曜定休)
URL https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131705/13212944/

4. CABIN(キャビン)

「“エスプレッソマティーニ”と“ウィスキーサワー”は別格」

お一人様焼肉、お一人様ラーメン、お一人様ランチすら苦手な私だが、バーとなると一人で行ける。行きたくなる。一流のサービスを提供する山小屋のような内装の『CABIN(キャビン)』。それだけで足繁く通いたくなるが、やはり鍵となるのはカクテル。都内の様々なバーで“エスプレッソマティーニ”と“ウィスキーサワー”を頼んできたが、CABINで飲むこの2つのカクテルは格別。特に“ウィスキーサワー”は。一般的にはウィスキーとソーダにレモンジュースとシロップを加えてシェイクしたものが主流だが、CABINの場合は所謂“ボストンサワー”と呼ばれるものと同じレシピで、ドライシェイクした卵白が使われている。自家製の“チェリーオントップ”がまさに予想外の美味しさで、本気で病みつきになる。

エスプレッソマティーニ ¥1,700(税込)

ウィスキーサワー ¥1,700(税込)

Information
住所 東京都目黒区中目黒1-10-23 リバーサイドテラス101
TEL 03-6303-2220
営業時間 [月〜金] 19:00〜真夜中/[土] 19:00〜翌日2:00(L.O.1:00)
定休日 日曜日、祝日
URL http://www.cabintokyo.com/welcome

text by クリス-ウェブ 佳子
photo by Nozomu Toyoshima(main)

→ その他【note】記事はこちら

→ 【関連記事】「モデル・クリス-ウェブ佳子に学ぶ、ほんとのキレイの育て方」はこちら

Profile

クリス-ウェブ佳子

モデル・コラムニスト

1979年10月、島根生まれ、大阪育ち。4年半にわたるニューヨーク生活や国際結婚により、インターナショナルな交友関係を持つ。バイヤー、PRなど幅広い職業経験で培われた独自のセンスが話題となり、2011年より雑誌「VERY」専属モデルに。

ストレートな物言いと広い見識で、トークショーやイベント、空間、商品プロデュースの分野でも才覚を発揮する。2017年にはエッセイ集「考える女」(光文社刊)、2018年にはトラベル本「TRIP with KIDS ―こありっぷ―」(講談社刊)を発行。interFM897にてラジオDJとしても活動中。

Instagram:@tokyodame
 

Published on