美容のすべては内側から!夜遅いごはんでもビューティーセミナーが表参道IWAIにて開催

活きている酵素と乳酸菌の力で美ボディメイクする『夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク』の発表会イベント、<夜遅いごはんでも presents TABETE-KIREINI Beauty seminar>が表参道 IWAI OMOTESANDOにて開催されました。

イベントでは、新商品のセミナーとファッション&ライフスタイルプロデューサーAtsushiさんによるトークショーが行われ、新谷酵素 独自開発の酵素“活きている酵素”の糖質分解力を確かめるワークショップや、Atsushiさん監修の美腸になるフィンガーフードが振舞われるなど、新商品に合わせた美容や健康に役立つ情報が盛りだくさん。MCにはフリーアナウンサーとして活躍する、小川りかこさんが登場し、会場を温かく盛り上げてくれました。

今回は、そんな新商品の魅力がたっぷり詰まった<夜遅いごはんでも presents TABETE-KIREINI Beauty seminar>のイベントの様子と、新商品『夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク』の魅力についてレポート形式でお届けします。

酵素×乳酸菌で内側から元気に!そしてキレイに!

第一部の『夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク』の新商品セミナーでは、新谷酵素サプリメント開発チームの今井さん、小長井さんが登場。サプリメントに含まれる成分や効果のメカニズムについての説明が行われました。

『夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク』は、活きている酵素 × 2種類の乳酸菌の力で効率良く善玉菌を増やすことでボディメイクをサポートするサプリメント。この商品は新谷酵素の生みの親である、新谷博士(新谷弘実氏)が唱える、腸に着目した健康法を改めて追及し、高い体感レベルにこだわって開発したのが始まりだそうです。

働きの異なる2種類の乳酸菌「有胞子性乳酸菌」・「ナノ型乳酸菌 フェカリス菌」と、3000種類から勝ち抜いた麹菌で発酵させた“活きている酵素”を組み合わせて内側からキレイにする、つまり、善玉菌を増やすことでボディメイクをサポートすることをコンセプトとした菌活サプリメントなのです。

美ボディメイクのカギは「短鎖脂肪酸」

ポイントは、善玉菌が生み出す「短鎖脂肪酸(たんさしぼうさん)」。短鎖脂肪酸はカラダサイクルを活性化させるボディメイクのスイッチとなり、この短鎖脂肪酸を増やすためには、善玉菌自体を増やすことが重要とのこと。“活きている酵素”で悪玉菌のエサとなる未消化物をなくして内側の環境を整え、2種の乳酸菌で効率良く善玉菌を増やしてくれます。

次に、イベントで毎回おなじみとなっている、酵素の糖質分解力を確かめるワークショップが行われました。みなさんが驚いたのは“活きている酵素“の分解力!固めのゼリー状に作られた糖のかたまりである片栗粉が配られ、そこに新商品の錠剤を混ぜ込むと片栗粉がサラサラに溶けていくーーという実験です。実際に目で見て判る分解力に、会場内では驚きの声が上がっていました。


忙しい毎日はもちろん、仕事で遅くなってしまった日やお付き合いでの食事など、なかなか整えることが難しい食生活ですが、『夜遅いごはんでも W菌活ボディメイク』であれば食事のお供に飲むだけ!手軽にボディメイクできるというのも嬉しいポイントです。

イベント後アップされたSNSでは、「無理なく続けられそう。」「やっぱり食事だけでバランスを取るのは難しい…」「値段も買いやすい価格で、買い続けられるのは嬉しい。」などの声が多く上がり、忙しいけど美容も健康も気になる……といった大人女子にぴったりな菌活サプリメントです。

Published on

Last modified on